脱毛サロンでフラッシュ光の照射漏れは熟練したスタッフが気をつけていても一定の割合で起こってしまいます。

 

サロンのよっては、打ち漏れが起こらないように専用のマーカーで印をつけるなどして対策をしている場所もありますが、やはり照射部位は目で見ることが出来ないためどこのサロンでも起こりうることにはなってきます。

 

照射漏れの原因としては、施術部位に凸凹があったりvioゾーンのように毛穴が一定の方向を向いておらず、平な部位と同じように照射してもフラッシュ光と毛穴が垂直にならない毛穴があるため、十分な脱毛効果を得られなくなってしまうのです。

 

もし、施術を受けてから2〜3週間たっても他の部位はするっと毛が抜けているのに一部分だけのムダ毛が残っているようであれば、照射漏れの可能性が高いです。

 

「あれ?なんだかおかしいな」と異変に気が付いたら、安易に自分で自己処理をせずにサロンに連絡をして支持を仰いでください。